顎ニキビの治し方

MENU

ニキビができる原因

 

にきびがたくさんできて対応に四苦八苦しているという人は、今でも少なくはないようです。

 

一言でにきびと言っても、思春期の頃にできるものと大人になってからできるにきびでは、原因が異なります。

 

 

にきびの発生する要因が異なっていれば、対応策も変わってきますので、その点は理解しましょう。若い頃にできるにきびは、ホルモン分泌の関係上、皮脂の分泌が多くなってしまい、毛穴が詰まりやすくなったためににきびができているものです。

 

それに対して、大人の肌にできるにきびは、主に肌が乾燥することと古くなった角質が蓄積されることが、にきびの原因であるとされています。要因は別々ですが、いずれにしても規則正しく、体にいい生活リズムを維持することが、お肌のためになります。

 

肌の状態が悪くなる理由

 

洗顔ケア

お肌の状態が悪くなる理由には、睡眠がとれていないことや、精神的なストレスが蓄積していることがあります。生活習慣の乱れ以外には、食習慣も関係があり、栄養のバランスが崩れることも原因とされています。

 

健康にいい生活をするだけでなく、にきび予防に有効な方法として、クレンジングや、正しい洗顔をすることも、ポイントです。

 

洗顔や、クレンジングに難しさはないと感じているかもしれませんが、不適切なやり方て、にきびを増やしてしまうということもあります。たとえば、クレンジングや洗顔の際に汚れをしっかり落とそうとするあまり、顔を強くこすってしまう人が少なくないようです。

 

肌がもともと持っている油分まで洗顔ケアで洗い流してしまうと、肌の保湿力が低下し、にきびや肌荒れが起きやすくなってしまいます。

 

関連ページ

顎ニキビの原因
顎ニキビの原因について説明しています。顎ニキビの原因にはどのようなものがあるのでしょう。顎ニキビの原因の情報をまとめてみました。